福祉サービス第三者評価事業

福祉サービス第三者評価事業
福祉サービス第三者評価事業
福祉サービス第三者評価とは
 福祉サービスをより質の高いものにするために、福祉施設・事業所に対して第三者が評価を行うことです。評価結果は公表され、福祉サービスを利用する皆さまへ情報提供しています。
※社会福祉法第78条は「社会福祉事業の経営者は、自己評価の実施等によって自らの提供する福祉サービスの質の向上に努めなければならない」と自己評価について努力義務を規定しています。
※社会的養護施設(児童養護施設・乳児院・母子生活支援施設・情緒障害児短期治療施設・児童自立支援施設)は平成24年度から3年に1度の受審が義務化されました。
受審した事業所の声
受審した事業所の声

 一般監査では評価されない「福祉サービスの質」を専門的・客観的な立場から評価することで、これまで気づかなかった改善点や課題を知ることができ、法人の計画などを見直すきっかけが生まれました。

受審した事業所の声

 「評価結果」は、利用者やそのご家族だけでなく、これから福祉サービスを利用する方が、その選択をするための資料として役立ちます。

福祉サービス第三者評価の流れ
福祉サービス第三者評価の流れ
評価対象サービス
障害分野
障害福祉サービス
障害者支援施設
障害児入所施設
障害児通所施設
高齢分野
特別養護老人ホーム
養護老人ホーム
軽費老人ホーム
老人短期入所事業
老人居宅介護等事業
老人デイサービス事業
児童分野
児童養護施設
保育所
母子生活支援施設
乳児院
情緒障害児短期治療施設
児童自立支援施設
第三者評価実績
広島県福祉サービス第三者評価実績
岡山県福祉サービス第三者評価実績
社会的養護関係施設 第三者評価実績

ページトップへ