地域密着型サービス外部評価事業

地域密着型サービス外部評価事業
地域密着型サービス外部評価事業
地域密着型サービス外部評価とは
 地域密着型サービスのうち「認知症対応型共同生活介護(グループホーム)」の事業者は、自ら提供するサービスの質の評価(自己評価)を行うとともに、外部による評価(外部評価)を受け、それらの結果を公表します。
※自己評価および外部評価は、年1回の実施が義務付けられています(外部評価は一定の緩和要件あり)
 サービス評価は、サービスの質をあげるためのツールです。事業所は受審するだけでなく、「どのように取り組むか」「どのように活かすか」がとても重要です。
受審した利用者家族、事業所の声
受審した利用者家族、事業所の声

 あしすとで外部評価を受審することで、毎回対話の中から気づきを提供していただき、それを事業所の運営に参考にさせていただいています。

受審した利用者家族、事業所の声

 家族アンケートの結果と分析をいただけるので、他事業所の取り組みや家族の意見が大変参考になっています。

受審した利用者家族、事業所の声

 アンケートにふだん思っていることを記載し、調査時の参考にしてもらえるので安心です。

地域密着型サービス外部評価の流れ
地域密着型サービス外部評価の流れ
外部評価実績
広島県:特定非営利活動法人あしすとの評価実績一覧
岡山県:特定非営利活動法人あしすとの評価実績一覧

ページトップへ